←カートの中を見る 現在のカゴの中

無農薬・うす青大豆 > 無農薬無肥料栽培 うす青大豆 1kg 袋詰

dz-ua-1 無農薬無肥料栽培 うす青大豆 1kg 袋詰

無農薬無肥料栽培 うす青大豆 1kg 袋詰 価格:1,190円(税抜価格)
販売及び予約を停止しております。


ご注文数:



一梱包に出来る組合せ
※合計重量が30kg以内でも1梱包に出来ない場合があります。

商品情報

無農薬無肥料栽培 うす青大豆 1kg 袋詰

【日本の大豆事情】

大豆の自給率は5%ほどで、
95%を輸入に頼り、
その主な輸入先であるアメリカでは、
生産される大豆の92%以上が遺伝子組換大豆(2008年時点)ということです。

また、国内に流通する有機大豆(=無農薬と考えることとします)は、
その殆どはこれまたアメリカからの輸入ということです。

現実の生活を見てみるとどうでしょう。

スーパー等の食品売り場で大豆製品を見ると、
「国内産大豆使用」
「遺伝子組み換え大豆は使っていません」
「国内産大豆60%使用」
「有機丸大豆使用」等々が溢れています。

何を信じて良いのやらということで、
これが日本の大豆事情であり、食品流通の不自然なところです。

そんな日本の大豆事情の中で、

本物の国産大豆、しかも在来品種、さら無農薬栽培の大豆、
『うす青大豆』がここにあります。

10年以上前に100g程の種子を入手して以来、我が家の大豆はこれ一本です。

市販ではほとんど手に入らない貴重な在来品種です。

名前の通り、少し青み掛かっており、へそが黒いのが特徴で、一般の白大豆よりも見た目も美味しそうです。

煮上がりも早く、このうす青大豆を使っての味噌や豆腐は絶品です。
煮豆にも最高です。


お届けする無農薬うす青大豆について

無農薬無肥料栽培 うす青大豆 1kg 袋詰

お届けする「うす青大豆」の選別は、無農薬栽培大豆のページで紹介している通り、機械による粒形の選別しか行っておりません。

無農薬栽培の大豆はどうしても着色粒が多くなりますが、
下の写真でもわかるように、煮るとそのような色は消えてしまい、
食用としては何の問題もありません。

実際に自分達が煮豆にしたり、味噌につくのには、これ以上の過度な選別は必要としていません。

それに、色彩選別を行うと余りにも歩留まりが悪くなり、せっかく食べられるものを無駄にすることにもなります。

着色粒は年によって大きな差が有ります。

今年のうす青大豆はいつもより着色粒が多いように見受けられます。
お届けする29年産はこんな感じです。

写真は、うす青大豆を煮た時のものです。


無農薬うす青大豆新豆の収穫時期について

うす青大豆の収穫は例年11月中旬~になります。
収穫後の脱穀や乾燥の作業も天候(湿度)に左右されますので、新豆の販売開始時期は11月末頃~12月中頃になる予定です。

Copyright© 2016 無農薬玄米と無農薬米は有機ぼかし栽培のアグリなかい All Rights Reserved.