*** プチはいしゃく集 ***


安全のために北朝鮮産または中国産食品を食べましょう

Date: 2008/02/25

さて今回は「安全のために北朝鮮産または中国産食品を食べましょう」ということでスタートします。「えぇーっ!?ほんま!?マジっすか?」って突っ込みは無しでお願いしますね (*^▽^*)

中国の農薬入り冷凍ギョーザが巷をにぎわしています。食の安全についていろいろなところで問題が起こっていますが、その一つが輸入食品、特に中国産についてはボロクソに言われていますね。でも、以下のような情報があるのですが、皆さんはどのように受け取られますか。では以下を読んでみてください。
輸入食品監視業務ホームページによると(以下URL)
(厚生労働省)http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1.html
輸入食品(等)の国別違反率(平成18年)は違反件数割合(違反件数/検査件数)では、
   中国:  0.58%
   北朝鮮:    0%
   タイ:  0.68%
   アメリカ: 1.3%
でした。違反総重量では、
   中国    0.37%(3492トン)
   北朝鮮      0%
   タイ    0.36%(726トン)
   アメリカ   3.1%(148378トン)
でした。違反率で計算すればアメリカ産食品は中国産に比較して2.24倍危険。
違反重量で計算すれば(実際の食品摂取量を計算)アメリカ産の違反食品重量は中国産に比較して42.5倍も多いことになります。
中国産の食品総重量は4935千トン、アメリカ産は13108千トンですから、これらを考慮する(計算に入れる)と、アメリカ食品の危険度は中国食品の約16倍。
北朝鮮の食品は1689件中511件(30%)が検査されましたが違反はありませんでした。
アメリカ食品はその9%が検査されただけでしたが239件の違反が見つかりました。もしも平等に30%検査すれば800件近くの違反が見つかるでしょう。
これらを考慮する(計算に入れる)と、アメリカ食品の危険度は北朝鮮食品の比率で約6.5倍以上危険。ゼロで計算すると無限大に危険ということになってしまうので511件中1件は違反していたと仮定して、約6.5倍ということ。)
「アメリカ産食品に違反が見つかる。」なるニュースがニュースにならないのは殆ど毎日違反が見つかるためでしょうか。それとも何らかの規制が掛かっているのでは?と詮索してみたり・・・。(北朝鮮食品並みに検査率を上げれば毎日3件も見つかる。)
北朝鮮産の食品からは年に一度見つかるかどうかです。

いかがでしょうか?「安全のために北朝鮮産または中国産食品を食べましょう」って、このことから見れば間違っていないでしょう。
なんと言っても厚生労働省が公開しているデーターなんですから。
こういうことは一応公開されてはいますが、僕自身も含め、普通は殆ど厚生労働省のHPなんで見向きもしませんよね。
そして、結局テレビなどから流されるニュースを見聞きして、「中国ちゅうのは、なんちゅう国やねん。」とか「中国の食品は怖おうてよう買わんわ」などという認識を持ってしまいます。
でも本当に怖いのは、中国産の食品ではなく、本当の実態を把握できないような報道しかしない一般メディアではないのかなと、僕は思いますが・・・。
「冷凍ギョーザからメタミドホスが検出」
「中国野菜から基準のxx倍もの農薬が検出」といったニュースも事実を伝えてはいるのですが、それだけでは本当の輸入食品の実態といったものは全くと言っていいほどわからないということですね。
まぁ、ニュースというものはそういう程度のものだという認識を持って見るのが一番ですね。

あとひと月もすれば今年の米作りが本格的に始まります。心もそわそわしてきました。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。