*** プチはいしゃく集 ***


子どもを厳しく「飼い馴らす」教育基本法改正案

Date: 2006/12/14

・ 団地、マンション等に「床の間」を作る
・ 学校に畳の部屋を作る
・ 学校に教育機関としてのシンボルを設ける
・ 子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう
・ 「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う
・ 教育基本法を改正を提起し、従来の惰性的気風を打ち破るための社会的ショック療法とする
・ マスコミと協力したキャンペーンを行う
・ 改革を受け入れる基本的土壌をつくる
以上はある資料から抜粋したものです。これを読んでどのように思われますか?

床の間に畳の部屋って、どういう意味?
学校にシンボルを設けるって、金日成の銅像かはたまた奉安殿かいな。
子供を飼いならすって、ここまで言うか。
変わった、滅びるをアピールし危機感を抱かせ、マスコミを使い、情報をコントロールし、
政府の意のままになるような体制を作るということかいな。

これを見た時あまりにも冗談のような内容で唖然とするとともにあきれ返りました。
これがそこら辺に落ちていた右翼のビラ等に書かれていたものであればゴミ箱にポイで終わりですが、なななんと、首相官邸のホームページに堂々と載っているのですから驚きです。
首相の政策会議の一つである教育改革国民会議の資料から抜粋したものです。

政府は、年末のドサクサに紛れて、教育基本法改正をしようと躍起になっています。
そこで改正の言い訳として、虐め問題や教師の犯罪とモラルの低下、学力の低下を、時代に合わなくなってきている教育基本法にある、としていますが本当にそうでしょうか。

「現行の教育基本法は、国家統制色の強かった戦前の教育を反省して生まれたものです。『真理と正義を愛し』『個人の価値をたっとび』『勤労と責任を重んじ』と理想の教育理念が掲げられている。」(九大名誉教授・斎藤文男氏=憲法)
「現行の教育基本法は、子供の人権や男女平等など、時代の変化に十分対応できる基本原理を備えています。」(法大教授・佐貫浩氏=教育行政学)
そして、積極的な教育基本法改正派の麻生太郎外相は、自民党政調会長だった3年前に、「今の教育基本法は間違ったことが書いてあるとは思わない」「どこの国でも使えるものだ」と外国プレスを前に話していた。条文はケチのつけようがないし、世界に通用するスタンダードと認めていたのです。

改正案の『わが国と郷土を愛する態度を養う』『公共の精神に基づき、社会の発展に寄与する態度を養う』という文言のうわべだけをみれば、「そんなに目くじら立てるようなものでもないやろ」「常識的な範囲で、誰しもが納得できるやろ」という意見も多く存在するように思いますが、多分そのような意見を持つ人は上記に紹介した官邸資料を見たことも無ければ、聞いたことも無いと思います。そして、多くの国民は、成立後に「そんな法案だったなんて知らなかった」と驚愕するはずでしょう。

年内には、来年に向けての苗代の準備をしたいと思っていますが、お天気しだい。
晴耕雨読で年越しです。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。