*** プチはいしゃく集 ***


重要法案を隠すマスコミ

Date: 2006/5/12

例年は10日頃に田植を始めているのですが、今年は天候が不順で苗の生育が遅れておりいまだ田植を始めていません。
明日からぼちぼちやり始める予定ですが、天気予報を聞くと明日からまた雨の予報。
ただ植えるだけですと多少の雨でも作業できるのですが、除草のための米ぬかを同時散布しますので、雨だとお手上げです。
こんな様子ですといつ田植が終わるのか予想がつかず困ったものです。

昨晩インターネットで教育基本法改正法案を審議する特別委員会の設置が自公の賛成多数で議決されたことを知りました。
しかし自分が見たテレビのニュース番組で、そのことを伝えているのを目にすることはありませんでした。
そして今日の新聞ではどう報道しているのかと楽しみにしていたところ、私が取っている京都新聞はまったく触れてもいませんでした。
他の新聞はと、近所で3紙を見せてもらったところ、朝日が5面に人目に付かないように小さく載せていました。

教育基本法は憲法に準ずるきわめて重要な法律なのに、このような報道をみると国民にその重要性はまったく伝わらないだけでなく、逆に隠しているような姿勢が見えます。
テレビで盛んにジャーナリスト宣言などとCMを流している朝日の記事では、「後半国会の最重要課題」と書いていましたが、その重要性を認識しているなら1面で報道せんかいと思わず独り言。

もう一つ、マスコミがほとんど伝えないというより隠しているといっても過言でない重要な法案をご存知でしょうか?
共謀罪法案です。共謀罪とは犯罪の謀議を行った段階で処罰するというものです。
本来はテロ行為に対抗するため国連で採択された国際組織犯罪防止条約に対応するための国内法でしたが、実際に登場した法案は、恣意的な拡大解釈によって国民生活が脅かされる可能性が高く、平成版治安維持法とさえ呼ばれています。
小泉政権以降、言論統制を目指す動きが顕在化しており、先にもイラク戦争に反対するビラを配った市民が不当に逮捕される事件が起こっています。
政府に都合の悪い言論を弾圧するのに流用される余地のある法律です。
そもそも治安とは市民の安全が守られた状態を指すべきもので、政府の安泰を意味するものではないということを一般国民もしっかりと認識して監視しないとどうにもならない時代がすぐそこまで来ています。

それにしても、もうチョッと天気が良くなってほしいと空を眺めている今日この頃です。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。