*** プチはいしゃく集 ***


「GMイネ裁判支援ネット」に賛同をお願いします

Date: 2006/3/10

啓蟄も過ぎここ数日暖かい日が続き、春の訪れを感じます。
私も虫と同じように田んぼへ出て、作付けの準備を始めている今日この頃です。

ここひと月、テレビは冬季オリンピックとメール問題ばかり。結局「なんだったの」と振り返ると、印象に残ったのは荒川静香のイナバウワーと民主党の逆イナバウワーだけ。

それはさておき、昨年6月のプッチで、新潟・上越市の北陸研究センターの遺伝子組み換え(GM)稲の田植えを紹介しましたが覚えておられるでしょうか?そのGMイネの実験栽培の中止を求める裁判が提訴されています。
この経過の概略は次のようなものです。
北陸研究センターは、遺伝子操作(GM)イネを2002年度から研究を始め、2004年11月に屋外栽培実験の許可を国に申請しました。そして昨年4月、地元説明会を開催し発表。驚いた地元の農民と消費者たちは野外実験の中止を強く求めました。地元の有機生産者や農民団体、消費者が再三の中止申し入れ、抗議集会、署名提出を行なったにもかかわらず反対を押し切って第1回の田植えが5月31日に強行されました。そのことを書いたのが6月のプッチです。
今年も実験栽培が計画されています。
それを受けて、昨年12月イネの実験栽培の中止を求めて裁判に持ち込まれました。

この裁判は手弁当で行われており、この裁判を支援する組織「GMイネ裁判支援ネット」が立ち上げられました。
是非支援の手をお願いします。
別紙に【「GMイネ裁判支援ネット」に賛同をお願いします】を添付いたします。
ご近所やお知り合いの皆さんにご紹介いただきたく存じます。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。