*** プチはいしゃく集 ***


噂は本当だった! 国内で遺伝子組換え大豆が栽培され、何の表示もなく誰かの腹の中に。

Date: 2004/10/12

北海道の生産者がGM大豆の商業栽培をして出荷していたこと、また新たに栽培を行う意志であることが、今月初めに報道されました。やっぱりというべきか?とうとうというべきか?
北海道・夕張郡長沼町の畑作農家がGM大豆を来年から本格栽培することを明らかにしたというもので、この長沼町の生産者は宮井能雅さん(北海道夕張郡 西南農場有限会社 代表取締役)です。
「バイテク情報普及会」という米国のバイテク企業群がバックアップしていると思われます。
宮井さんは98年に米国モンサント社の販売代理店から並行輸入により種子300キロを直接購入、4.6ヘクタールに作付けし、空知管内の民間業者に卸し販売した。10アール当たりの収量は180キロだったというから、収穫量は単純計算で8トン強になるようです。
何の表示もなく、すでに誰かの腹の中に…。


さて皆さんはこのことについてどのように思われますか?
単純にこの生産者を責めることは簡単ですが、以下の状況も考慮して考えてほしいと思います。
単に、遺伝子組み換え大豆の栽培の是非という問題だけではないということです。



日本の農業の将来と食のあり方を真剣に考えるなら、宮井氏が投じた一石は大きくそして重いと思います。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。