*** プチはいしゃく集 ***


今年も米作り最終章をむかえる

Date: 2004/09/20

今年の米作りも最終局面の収穫作業を迎えました。
猛暑と好天続きの日々で、雨が恋しい夏でしたが、刈取り時期になり、雨、それもスコールをも思わせるようなどしゃ降り、そして大型の台風が続き、やきもきしながら、その合間を縫って作業をしています。コンバインのタンク一杯になった籾を排出しているところ
写真は、コンバインで脱穀された籾をグレンバックに排出しているところです。
この籾を乾燥機に張り込み、水分15%まで乾燥します。ちなみに9月上旬頃の生籾の水分は25%前後です。
食味に影響する乾燥については、水分値が18%ぐらいまでは35℃前後の低温で行い、そこでいったん4時間休止、そして仕上げ乾燥という具合に丁寧に作業をしています。
通常乾燥の倍以上の時間をかけて行っています。
乾燥完了後も24時間以上の調質時間をとってからの籾摺りを心がけています。

来月からの新米をお楽しみに。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。