*** プチはいしゃく集 ***


西日本新聞連載「シリーズ・食 くらし」

Date: 2004/08/11

梅雨から一変に秋になった昨年とは打って変わり、暑い日が続いていますね。
田んぼの方はというと、早稲品種は全て穂も出揃い、ひょっとすると月末にも刈取りが出来そうな勢いです。
あんまり暑い時の稲刈りは気が進みませんが、人間の都合はお構いなしに稲は登熟していきます。

西日本新聞の「シリーズ・食 くらし」という連載記事を見つけました。
ドキッとしたり、うんうんとうなずいたり。
記事の内容が充実していますので、その中の一つを今回紹介致します。
是非皆さんに、この連載を読んで頂きたいと思います。
「そんな新聞取ってないよ」という声が聞こえてきそう。
でも新聞取らなくても大丈夫。インターネットがあるじゃないですか?
こういったところがインターネットの便利なところです。

我家でも今やパソコンとインターネットは欠かせません。わからないことがあるとすぐに検索、ネットバンクで振込、筵や味噌桶など希少なものはネットショッピングが一番。
パソコン・デジカメなどの高額商品もネットで価格チェック。
最新情報がいつでも手に入るのが一番です。

78歳になるおばあさんもパソコンに自分が描いた水墨画をスキャンして保存、「すえおばあちゃんの徒然草」というホームページを日々更新、それを読んだ見知らぬ人からの感想メールを頂き感激、という具合。


それでは以下に記事を紹介します。
「シリーズ・食くらし」トップページ


【食卓の向こう側・第2部「命」つなぐために<1>もどき 安さの裏にあるものは―連載】


コロッケ一個二十円。「なんでこんな値段でできると?」。福岡市内のスーパーの総菜コーナーで、主婦の副島智美(43)は驚きの声を上げた。
 副島はパートで、きんぴらごぼうなど家庭料理を提供する総菜店で働く。そこで作るコロッケはジャガイモをゆで、いためたタマネギ、ひき肉などを入れる手作り。一個百三十円。材料費や自分の時給を計算すると、ぎりぎりの値段だ。
 「外国で作るから安いのか。どうやったら、この価格になるんだろ」。疑問が膨らむ。
               ×   ×

 「要望に合わせ、それなりの商品をつくる。それがプロの技」。かつて食品添加物を扱う商社のトップセールスマンとして、さまざまな食品の開発に携わった安部司(52)=北九州市=は言う。
 安部が明かすテクニック。あるスーパーから特売用の肉団子(いわゆるミートボール)を頼まれたケースでは…。
 普通のミンチは使えないから、牛の骨部分についている肉を削り取った端肉(はにく)をもとに、大豆たんぱく(人造肉)で増量し、欠ける風味は香料(フレーバー)で補う。
 次に歯触りを滑らかにする加工でんぷんや油を加えるが、それと引き換えに失う粘りは結着剤でカバー。油をなじませる乳化剤、色あせを防ぐ酸化防止剤、さらに着色料、保存料、肉エキス、うま味調味料…。
 肉団子にからめるソースは氷酢酸やグルタミン酸ソーダなどで、ケチャップはトマトペーストや酸味料などでこしらえ、真空パックで加熱殺菌。二十種以上の添加物を使い、子どもが喜ぶ味(軟らかくて味が濃く、三口でのみ込める)で、常温保存が利く商品に仕上げる。
               ×   ×

 「もちろん、まじめなメーカーもある。でも、あなたがコーヒーに入れた小カップのミルク。植物油に添加物を加えて白く乳化させたものかもしれません」と安部。
 便利だが、どこか奇妙な「フェイク(もどき)食品」。
金太郎あめのゆで卵版「ロングエッグ」 筒状のゆで卵、通称「ロングエッグ」も、その仲間。輪切りすると、金太郎あめのようにどれも黄身と白身が均等。ピザや、外食・中食の野菜サラダの付け合わせなど、「見栄えのいい」ゆで卵の中央部分だけが欲しい業者用に開発された。生卵の黄身と白身を分離して加工。学校給食でも、メニューに生野菜があったころはよく使われたという。
 こうした食品は、消費者を喜ばせたいメーカーの思惑から生まれたのか、それとも消費者のニーズがメーカーを動かしたのか。それはまさに、卵が先か鶏が先か、の関係のように見える。
 「自分は業界と消費者の救いの神」と信じていた安部は、開発した肉団子を「おいしい」と食べるわが子の姿に衝撃を受けた。「おれんとこのは食べるなよ」。そう忠告する取引先の食品加工工場長と自分が同じことに気付き、会社を辞めた。
 今、国産の自然塩を扱う傍ら、無添加食品を広める活動をしている安部は問いかける。「なぜその値段でできるのか、なぜカット野菜の切り口は茶色くならないのか…。消費者が素朴な疑問を持たなければ、いい食品は生まれない」 (敬称略)
               □   □

 多様な食べ物があふれる中、私たちはどのような基準で選んでいるのでしょう。企画「食卓の向こう側 第二部」では、知ってそうで知らない「食」、そして体との関係、暮らしのありように迫ります。
(この連載は「食 くらし」取材班の編集委員・佐藤弘、地域報道センター・大田精一郎、社会部・重岡美穂が担当します)
               ×      ×

食品添加物 食品衛生法では「食品の製造過程においてまたは食品の加工もしくは保存の目的で使用する」物質と定義。厚生労働大臣が安全性と有効性を判断して指定した「指定添加物」(345品目)や、天然添加物として使用実績が認められている「既存添加物」(489品目)、天然香料などがある。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。