*** プチはいしゃく集 ***


どうなっていくのか?悪党が「愛国心」を叫ぶ時。

Date: 2003/07/12

 うっとうしい日々が続いています。
 今年の天候は、というより、昨年末から異常に傘マークの日が多いように思います。

 最近の国会の動きを見ていると、国家の根幹にかかわるような法案が、いとも簡単に成立しています。「有事法制」とその現実版とも言える「イラク復興支援特措法」。
 そして、子供の教育現場にまであからさまに「愛国心」を持ち出してきています。
 このような方向にハンドルを切ったのは数年前からだと認識していますが、これからどのようになっていくのでしょうか。
 国や統治者によって「愛国心」が叫ばれる時、戦争はやってきます。これは歴史的事実です。一番近いところでは、アフガン爆撃やイラク侵攻の際のブッシュ大統領の演説にみることができます。
 現在我が家には、中学校に通う息子が二人いますので、特に教育現場の動きが気になります。
 中学校での心のノートには「ふるさとを愛する気持ちをひとまわり広げると、それは日本を愛する気持ちにつながってくる」などと愛国心について書かれています。一見、「そらそや」と同意する人も少なくないでしょう。しかし、「ふるさと」と「国」とは全く違うものだということをしっかりと認識していないと大きな間違いを犯してしまいます。
 国というのは、ようするに法律で運営される制度(やその及ぶ範囲)ですから、愛とか、情といった心情の対象にするものではないでしょう。家族や友人知人でおりなす共同体をあらわす「ふるさと」とは全く別物です。
 我が家では、常々子供たちにも言っています。
 「愛国心」を言う人は、その愛の対象を「愛郷心」とすり替えて、もっと生々しく、家族や母親を持ち出し「愛国心」の必要性を説くけれど、「ヒトラー」も「フセイン」も「ブッシュ」も「愛国心」持ち出して戦争をしたことを忘れるな、と。

 もう雨はいらんなぁ。大豆の土入れもしたいし。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture<我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。