*** プチはいしゃく集 ***


農家の関心ごとのひとつ来年の転作

Date: 2002/10/11

ノーベル賞を同時に二人も受賞。久々に明るいニュースですね。「日本も捨てたもんじゃない。たいしたもんだよ。」と小泉さん。そのニュースと同時に株価はバブル後最安値を記録更新中。

我が家にある株は田んぼの稲株ぐらいで、株価の変動に一喜一憂することはありませんが、さてさて日本の経済状況はどうなっていくのでしょう。

さてこの時期、農家の関心ごとのひとつが来年の転作(減反)面積の割合の動向です。来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、麦を作る人や地域にとっては、今月の末から来月初旬には播種が待っていますから緊急の関心ごとです。

私は新食糧法が運用され始めた平成8年から転作は一切しておりませんので関係ありませんが。

私が転作をしない理由は前にも通信で書きましたが、一言で言えば政府が国民の主食への責任を放棄したものだと解釈したからということです。

新食糧法のもとで、どのような変化が起こったのでしょうか。私には、農家のやる気の喪失が見えるだけです。「中核農家の育成」「集落営農への取組み」「経営感覚を持ったプロ農家の必要性」等といった掛け声や議論は空しく響いているだけです。

今、食への関心は高く、健康に対しての不安感は益々大きくなってきていますが、私は米作りに取り組む中で「農業の再生なくして真の健康はえられない」という思いが日々強くなってきます。

「健農一如」ということです。生きる・生命を維持する…そのベースが食べ物であり、それを自分はどのようにして確保するのかということを国民全体が自問してもらいたいです。

今回から新米です。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture<我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。