*** プチはいしゃく集 ***


クローン人間を造ることが、治療?

Date: 2002/04/11

2、3日前に、クローン人間誕生?のニュースを伝えていました。あるイタリア人医師によると、彼の患者の1人がクローニングされた人間の胎児を身ごもっているという――あくまでも、この医師の主張によると、の話ですが。

そして彼は、不妊治療のための必要性を訴えているようです。

クローン人間を造ることが、治療?ですって。

また、クローン人間一歩手前のES細胞(どんな臓器にも成長する細胞。これを女性の子宮に戻すとクローン人間ができる。)を使っての移植治療の研究も進んでいるようです。

しかし、こういったことの是非についての議論の中で、よく言われることが、例えば、自分の子供が、家族が助かるためには移植しか道がないという時、それでもあなたは臓器移植に反対しますか?といったような質問が絶えずでてきます。

二者択一の選択を迫られれば反対のしようがないということでしょう。

しかし自然医学的な目線で見ると、現代科学・現代医学の物の見方からした場合の唯一の治療法を選択肢としているところに問題があるということが見えてきます。

病気の治療として臓器移植を持ち出しこと自体、現代医学が無能をさらけ出しているといえます。

あともう少しで苗代への据え付けが完了です。最初に下ろした苗は3cmぐらいになっています。

[前頁]  [目次]  [次頁]

当サイトは通産省個人情報保護ガイドラインに基づいて運営しております
当サイトの画像及び掲載内容の無断転用は固くお断りいたします

トップページ 新着情報 what's news  お客様の声  無農薬の玄米とお米のご注文 order 我が家の無農薬の米 culture 我が家の食と住 mylife 自然医学の田んぼ health コラムなページ hello 遊んでいって rest 質問・問合せフォーム
このサイトは百姓アグリの苦心?の手作りです。
日本のほぼど真ん中に位置する滋賀県。
日本最大の水たまり琵琶湖。
我が家はその東側に位置する蒲生町というところに生息しています。
「生き生き、わくわく」をモットーに、無農薬米や不耕起直播栽培など、サステイナブルな米作りを目指して楽しく百姓をしています。
ご感想やご意見、よろしくね。