トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  異常気象に危機感 Date: 2004-08-05 (Thu) 
去年の夏は気温三十五度以上は一日もなかった。今年はもう三十五度以上も上がった日が、今日までに六回もあったと、テレビの情報
クーラの効いた職場で暑さ知らず、家に帰れば、うだるような暑さで夜も眠れない余り激しい温度差に病気になりそうと言っている人がいる。
テレビの映像、道行く人の、しかめ面、熱中症に罹った人も沢山いると言う。
雨がなく野菜の種も蒔けないと私は、ぼやいているけれど集中豪雨で大きな被害がでている地域がある、気の毒を通り越え、これは大変なことだ、いつ我が身にも訪れるやら、地球の温暖化がドンドン進み破滅に向かって走っているようで、恐ろしい。地球の生態系が狂っている。何処へいくんだろう。豪華客船タイタニックの運命と宇宙船地球号の運命と重ね合わせて危機感感じる。赤信号みんなが渡れば恐くないのだろうか? 
どうにもならん事心配していても、しょうがない。なるようになるだろう、毎日の営み続けねば、今日は土用の丑の日鰻丼食べてテレビのお笑い番組で馬鹿になる。

[前頁]  [次頁]


【管理】