トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  家族 Date: 2004-07-17 (Sat) 
自転車出して出かけようとしたら、
「いつでも人には、行ってきますの挨拶をしないと、文句言うくせに自分は知らん顔して出ていかはる」と大きな声が耳に飛び込んだ。作業場に仕事しながらだったので、まさか聞こえるとは思っていなかったのだろう、ハッとして
「聞こえたわ、そら、そうや、ゴメンゴメン、怒らんといてや、ほな、行ってくるわ」といって出て行った。
あんまり気持ちの良い会話ではないけれど、聞こえぬふりして、黙っているより、まあよかろう。気にしない、気にしない。帰ってからも何の事もなかったようでほつとした。それぞれの思いを気楽に吐き出して受け入れられる家族にしたい。
それには意識して努力しなければ。なかなか難しい事だけど、思いを言葉にしよう、心を通わす言葉は大事。良い会話沢山もとう。ハッピーハッピー ルンルンと。家庭の中に良い気いっぱいただよって、愛の波動が溢れるように。
徹子の部屋のインタビューで、小錦さん曰く「日本の子供に何が一番大事かとたずねたら〔お金〕と答えた、家族が大事と答えた子はひとりもいなかった、悲しくおもった」と。私は家族が大事、自慢のできる家族にしたい。

[前頁]  [次頁]


【管理】