トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  i Date: 2004-06-09 (Wed) 
〔在日 カン尚中〕著者は在日初の東大教授で、自分の内面世界に封じ込めて来た在日二世としての自伝である。日本名〔永野鉄男〕韓国名〔カンサンジュン〕感動して一気に読んでしまつた。
どのように表現すればよいのだろう、私の中の何かが生きる事へのエネルギーとでも言おうか、潜在的な力が、むくむくと湧いてきて躍動しているようなんだ。人としてこの世に生まれた意味を追求し続け自分の役割、生き方をみつけ、ひたすら前向きに歩き続けることの素晴らしさ人間としての最高の生き方ではなかろうか。今日の私は幸せ一杯、もう七十九歳になったけど、栄養たくさん吸収し、毒素吐き出し、まだまだ長生きするだろう。
良い気分に浸っているとき 「人生いろいろ、会社もいろいろ」と国会の答弁に困りお偉い人のテレビより流れる言葉は情けない。

[前頁]  [次頁]


【管理】