トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  歯医者さん Date: 2004-06-06 (Sun) 
「もう八十歳になります、なるべく抜かないで治療してほしいのです」
「そりゃそうですよ、自分の体の一部です、簡単に抜いたりしないで大事にしなければ」
といいながら私の、むさい口の中を診ながら
「でも大分グラグラ動いていますね、ポロッと自然に抜ければいいですね、それまで何とか治療しましょう」
「虫歯の詰め込みと歯茎の治療をしますから一ケ月ほど来院してください。今日は少し高くつきましたけど」と言われた。
細かいお銭の他に一万円札はもってきたけど、些か心配、「五百円です」と、何の事はない、老人の年金者に思いやりの言葉だった。患者に対するい気遣い嬉しくなった、歯と共に心まで治療されているようで、やっぱりこの先生でなければと、車で送ってもらう嫁には気の毒だけど、もう暫く我が儘ゆるしてくださいね。回りの皆に有難う

[前頁]  [次頁]


【管理】