トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  桜の色が白くなった Date: 2004-04-21 (Wed) 
桜の花って、優しく淡いピンクの色、近年ピンクの色が抜けたように、桜の花が、白く見えるのは何故だろう、私だけなのか? 今までのイメージが狂ってしまう、お寺の境内に枝垂桜が一本だけ、なんと色鮮やかに美しい。
「これ、これがほんまの桜の色や」この桜の下で画の仲間とスナップ写真。
「そう言えばほんとに桜の色が白くなりましたネ」と画の先生も言われてた。
秘められし強さの中の潔さ、全ての悩み包み込む、溢れるばかりの愛の色、ピンクの色が何故に白くなつたのか?
石楠花の花が咲いた、これもピンクの色なのにやっぱり今年は白い。五月に咲く花なのに時期が早くなつたからなのか、温暖化のせいなのか、アイリスも、もう咲いてきた、季節感がくるってしまう。



[前頁]  [次頁]


【管理】