トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  共存共栄 Date: 2004-04-19 (Mon) 
一年に一度地域の河川掃除で川底さらえが出来、すっきりと綺麗になつた川の中へ
隣の田の人が又草や汚泥を投げ入れている、
「あの、おつさん、なんちゅう人やろう、腹がたつわ」と嫁が言う
「この人の神経どうなっているのやろう、何考えているのやろ」
人の心の悪い面を見せ付けられて腹がたつ。私達に見られている事も知らないで自分の田の周りだけドンドン川に捨てている。見ていながら何も注意する勇気もない、出来ない自分が悔しい。息子は笑いながら「去年もそうやつた」と
朝早くから田を見て廻り水の【管理】に苗の補植、草取りと厳しい米作りの仕事を黙々とされている、その同じ人の裏の面、生命守る米作り、田圃を守る百姓の共存共栄の魂が汚れないようにしたいもの。






[前頁]  [次頁]


【管理】