トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  別離の悲しみ Date: 2004-03-14 (Sun) 
交通事故で家族を亡くされたお友達。どうしておられるだろうか、あとには戻れない出来事に受け入れねばならぬこの現実を、、、、どのように、過ごされているだろう。ためらっているうちに、もう幾日もたつてしまつた。勇気を出して訪れた。
夢多き若者の死、笑顔の遺影に合掌。しらじらしいお悔やみの言葉は出てこない。人はみなこの世に生まれた役割があるといわれるけれど、どんな理も、みんな空しいばかり、悲しさの渦のなかから抜け出せる日は遠い。でも前に進むしかないのです。お互いに傷口をそっと、癒やし、癒やされ、支えあい、自分の役割果たせる日まで、強く生きよう、頑張りましょう。


[前頁]  [次頁]


【管理】