トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  土の匂い Date: 2004-03-03 (Wed) 
春の様な暖かお天気が三日も続き、びっしりと生えていた畑の草むしり、すっかり綺麗になった。こんなに、たくさん畑仕事が、できて嬉しくて、たまらない。
疲れが、心地よく感じられ心身共に、癒やされる。私の中から不思議な力が湧いてきた。今までは、おとうさんに、頼ってばかりいたのかな、、、、、、足がついていけなくて、あまりたくさん出来なかった。甘えていたのかも知れない。
おとうさんが、ひつぱってくれているんだな、、、、、
無限に伸びる可能性を信じて歩けなくなるまで体が動けなくなくなるまで頑張ろう。
畑の空気、土の匂いが人の心を、これ程に癒やしてくれるとは、思った事もなかった、田舎の年寄りはひまが有れば、畑の土に、触れておられる。やっと解った其の気持ち。
雨降れば水分蓄え、光と熱を吸収し,空気の中の酸素取り込み、みみずや、微生物の働きで、土の条件整えて「いつでも種蒔きしておくれ」と待っていてくれる私の畑。どんな事をしても、喜んで楽しもう。限り無き豊かな恵みを感受出来る幸せに、感謝。

[前頁]  [次頁]


【管理】