トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  家族の気持ちが一つになった Date: 2004-02-09 (Mon) 
眞五、高校入試合格、よかつたね。おめでとう。お仏壇のおとうさんに報告しよう。
人間の生命守る基本の食料、無農薬米の生産を我が家の家業に定着させて、中井のファミリー、築いてくれた、おとうさんが一代目、二代目が勤、三代目が眞五。
家族を守り、世のため人ためにと、おとうさんの意思を受け継いで三代目の責任果たせるように頑張っておくれ。
剣道で体鍛えて、優しい心に包まれた強い力を持っている、眞五。無限に伸びる可能性を秘めて、元気で明るく前へ前へと伸びていく眞五を守ってださい、おとうさん。
合格祝いと、理由をつけて夕ご飯には刺身を買ってきて、今日は寒いからと、お母さんの心尽くしの、きつねうどん、心も体も温まり家族の気持ちが一つになった。
「有り難いなあ」と勤が言えば「ほんまに、有り難い、皆な仲良く暮らそうな」とおもわず私の口からも、とんで出た。
近所の若い人が交通事故で亡くなった。ご冥福祈るのみ。ああ無常。

[前頁]  [次頁]


【管理】