トップ 検索

すえおばあちゃんの徒然草

我が家のおばあちゃん。名前はすえ。大正15年生まれ。 喜寿を迎えたのを契機に、PCに挑戦。 そんなスエおばあちゃんが、気まぐれに、つれづれに、日常の出来事や風景、またその中で感じたことを書いています。

  甘講の新年会 Date: 2004-01-28 (Wed) 
尼講の新年会、ささやかながら、皆な楽しそう、当番が三人で机を出したりストーブつけたり、のろのろしながら、やっと準備が出来た、七十八歳はまだ若いほう、頑張ろう。八十歳、以上の人が多い。
夫は出稼ぎ、子を育て姑につかえ田畑をまもり九十二歳になったと言いし人、農で鍛えられた、からだは、大きく骨組み太く逞しく、声は高くて言葉明瞭、痴呆の兆しは何もなく、深く刻まれた顔の皺の中、人生のすいも甘いも悉く見極めたような目が優しい名前はつるさんと言う〔鶴は千年〕の諺通り、まだまだ長生きされるだろう、元気溌剌パワー溢れる,こんな年寄りになれたらいいなあ。
どの人もこの人も皆それぞれに、自分だけの人生、精一杯歩いてこられた。たわいなく、語らうだけの楽しみに、どんなに大きな幸せが込められている事だろう、其の人だけの、天からの御褒美、来年も又この場に集えるように頑張ろう。
、当番の勤め果たせて嬉しい、幸せ有難う。

[前頁]  [次頁]


【管理】