自然医学概論② 腸造血理論のあらまし

 赤血球母細胞は腸繊毛にのみ存在する。

「腸造血」というのは、「消化された食物が、腸の壁で、血の細胞に変わっていく」ということである。

直接、消化された食物が血液の細胞(赤血球)に変わる訳ではないが、”間接的に”血液の細胞に変わっていく のである。

その事実の動かぬ証拠は、赤血球母細胞(赤血球を生み出す母親の細胞)が、腸の繊毛内腔にしか存在しないことである。 腸以外の、われわれの体のいかなる場所にも存在しないのだ。それゆえ、「腸で血が造られている」ということは、何人も異論を挟む余地のない、明白な事実である。

生体の基本形態は三層構造

 私どものからだの基本形態は、「空気のぬけたゴムまりに、指を突っ込んで一部を窪ませた状態」になっている。

そして、その窪んだ部分が、消化管となっている。

したがって、消化管といっても、何も特別な組織というわけではない。体表の組織と、まったく同じなのである。

そうした基本形態のものを、水平方向に輪切りにして、それを上から眺めると、3つのゾーンが、同心円状になった三層の構造になっている。

真ん中は消化管。

その外側に血液の世界。

そして、さらにその外側に体細胞の世界が存在している。

このように、消化管、血液、体細胞といった3つのゾーンから、われわれの体は成り立っているわけだが、ここで大事なことは、この「食の世界」と「血液の世界」と「体細胞の世界」の3者に”区切りが無い”ということである。

これらの3者は、全て連続しているのである。

自然界のあらゆる現象は、みな連続している。刃物で切ったように、完全に切り離された現象というものは、皆無である。

全部どこかでつながっている。

生命体においては尚更のことで、全ての存在・現象は深く関わりあっている。

そして、その血液の細胞が、体の細胞に変わっていく……というように連続しており、しかも、中心から外側に向かって一貫して”延伸性”に発展をしていっている。 ただし、ここで、十分に注意しなければならないのは、単に”遠心性”に発展していくだけではなく、それに続く働きとして、逆向きの求心性の収斂機能もある、ということである。

この求心性機能のカラクリを説明できるのが、次に紹介する『末梢血液空間理論』に他ならない。

遠心性の発展機能の結果として生み出されたのが体細胞だが、それぞれの組織の構成要素としての活動をした後、寿命がきた体細胞は、末梢血管空間の中で一定の処理を受けて、肝臓経由で腸に戻っていく。

遠心性の発展をすると同時に、急進性の収斂をする……というように造られている。

※自然医学誌№416「韓国招待講演の概要記事」より抜粋

ショッピングガイド

■ご注文方法

ホームページでのご注文は24時間受け付けております。またホームページはパソコン・スマートホン・携帯、いずれにも対応しております。
お電話・FAXでのご注文も承ります。 

TEL&FAX:0748-55-0142

FAXでのご注文 の際は、このPDFファイルを印刷してご記入の上送信してください。

※ご注文やご質問等のメール対応は、土日祝日を除く平日のみです。

詳細はこちら

■お届けについて

クロネコヤマト運輸又は佐川急便にて発送致します。
お届け希望日・時間帯指定も可能です。

お届け時間帯指定

送料について

15kgまでの北海道・沖縄を除き、全国一律 で重量に応じ下記の料金となります。
北海道・沖縄のお客様はご注文に際しては、16kg以上にまとめて頂きたく存じます。

5kgまで  530円(北海道・沖縄:1600円)

10kgまで 630円(北海道・沖縄:1800円)

15kgまで 740円(北海道・沖縄:2000円)

20kgまで 840円

30kgまで 950円

詳細はこちら

 

■お支払い方法と手数料

銀行振込前払い
振込手数料:お客様負担

郵便振替前払い
振替手数料:お客様負担

代金引換商品到着時にお支払い
代引手数料:お客様負担

 百姓アグリではクレジットカード決済はクロネコヤマトのWebコレクトを利用しています。

クレジットカード決済
手数料:お客様負担

詳細はこちら

■返品および交換について

運送中の破損や当方側の明らかな過失以外での返品は原則としてお受け致しかねますので、ご了承下さい。

お客さまの都合での返品及び交換にはついては、
商品の特性上、未開封の状態の玄米のみ受付いたします。

詳細はこちら

■連絡及び問合せ先

ご連絡及びお問合せは出来る限り、こちらのメールフォームからお願い致します。
お急ぎの場合、お電話・FAXでもお受けいたします。

 TEL&FAX:0748-55-0142 
アグリなかい 中井 勤