大規模養鶏が招く鳥インフルエンザ

 updete 03/16/2004

アメリカでのBSEの発生では、牛丼が消えると大騒ぎ。

鳥インフルエンザでは、一生産者に全ての責任があるような報道。

ことの本質を捉えず、単なる表面現象のみを、鬼の首を取ったかのように伝えます。

そして、国や県も無責任な対応に終始しているようです。

鳥インフルエンザの感染が急激に広がる本当の原因がどこにあるのかというところを、全く無視しているように思えてなりませんでした。

そんな時、自然養鶏家の笹村さんの原稿を見つけました。

是非、読んで頂きたい。

ここで掲載することは笹村さんに快く了承して頂いています。



2004年1月

現在、鶏に関して間違った獣医学に基づく病気対策が法律化されています。ワクチンで予防することを絶対として、義務化しています。ところがワクチンでは対応できない病気は無数にあり、今後も出現する可能性は高いと思われます。たいへん虚弱になっている今の養鶏用鶏種をケージ飼いすれば、たちまち病気が蔓延することになります。畜産のあり方全般に対し、徹底的な見直しを行うことが急務となっています。

しかし、こうなってから問題にするのではいかにも状況が悪すぎます。5年前、『発酵利用の自然養鶏』(出版/農山漁村文化協会)の中で、この問題を予測し発言したとき、ある鶏の会を除名されました。場合によっては法に触れ、飼育ができなくなる可能性のある発言のためです。ここでもその覚悟で発言する内容です。これはあくまで笹村個人の考えであることを確認しておきます。

私の予測したとおり、動物由来ではないかといわれる新しい病気が、エイズやSARS・BSE・サルモネラ・鳥インフルエンザと次々に出現しています。

「まず原因調査を徹底しろ」と言いながら、結局なぜか曖昧に終ります。今回もそうなるに違いありません。すでに根拠もないまま、渡り鳥説を否定する予防線を張っています【1】
「渡り鳥から感染した」となると、今までの対応策を根底から変えなければならないからです。渡り鳥説を認め、自然界にはウイルスがいくらでもいるということを認めてしまうと、養鶏場の消毒などまったく無意味なことになります。今の防疫の思想では、自然を殲滅する以外に方法がないということになるからです。

日本の野鳥が70年前(1925年)に感染して、その後は一度も感染せず、今回ひさし振りに感染したなどということはありえません。常に弱毒性のウイルスを持った鳥は飛来しているはずです。それで特に問題は起こらなかった。自然とうまく折り合いがついて、大流行の原因とはならなかったのです。

よく理解できないのは、なぜ弱毒性のウイルスが強毒化するかです。これは私の推測ですが、何十万羽という単位の鶏中に弱毒性のウイルスが入り感染を繰り返す。大規模な養鶏場には免疫能力のまったくないひ弱な病気寸前の鶏がいますから、ウイルスには格好の住処といえるでしょう。ウイルスは、薬まみれの養鶏場で殺菌剤や抗生物質と戦うなかで、突然変異を起こし強毒化する。こうした自然界ではありえない環境で、高病原性のウイルスが生まれるのではないか。また、大きな環境汚染と自然霍乱(かくらん)が進み、それが背景となってウイルスが引き出されてくるということも考えられます。

鳥インフルエンザの発端が野生の鴨、あるいはその周辺の野鳥にあることだけは確かです。鴨はこの抗体を持ったものがいることが確認されています。日本の鴨からも弱毒タイプのものは見つかっているという情報があると、畜産保健所の方から聞きました。野鳥は発病しても大量死することはありません。もちろん餌付けで集めるような日本のやり方は自然とはいえないでしょうから、大量死の原因になっているかもしれません。

いずれ野生は抗体を獲得するか、弱れば淘汰されてしまうかでバランスがとれる。自然の仕組みです。そうやって自然界の免疫システムはできていて、人間がかかわらなければ、うまく調和するようになっています。ハクビシンがSARSで問題がないのと同じで【2】、人間にだめだからと言っても他の野生の生き物では克服されています。鶏ではサルモネラ菌がそうしたものでした。人でも東洋人の方がサルモネラの発病の可能性は低いとされているようです。

それではなぜこうした新しい病気が出現してくるのか。この原理を考える必要があります。当然、野生動物の生肉を食するようになったからではないでしょう。大枠で見ると、人間が弱くなってきたことがあげられます。O157が流行したとき、そうした大腸菌に弱くなっている現代人が問題にされました。おかしな衛生観念のため、自然免疫の獲得ができない人類の出現です。水道局では確か、塩素の濃度を上げるという対策をしたはずです。そういえばあの時も貝割れ大根に責任を押しつけて、ごまかして終わりでした。貝割れ大根の会社が農協と対立していたのが原因だったというような馬鹿げた話が後でありました。

もうひとつは、化学物質による病原菌やウイルスの変異が推理されると考えるのが妥当だと思います。弱毒タイプのウイルスが強毒へと変異することが増えているからです。化学物質は農薬もあれば、焼却由来のダイオキシンなど、エントロピーの増大で無限に増加している新しい化学合成物質が想像されます。環境ホルモンと言うようなものも影響しているのかもしれません。科学的に考えれば未解明分野で諸説はあるでしょうが、私達実践者は体験的な直感的な類推をする立場に立つべきです。

畜産では飼料の単価・飼料効率・機械化・廃棄物の再利用などのために、本来自然界では食べないものを無理やり食べさせることになっています。保存料や添加物・消化促進剤のような危ういものが紛れ込む危険が潜んでいます。過去に抗生物質と殺虫剤を畜産で大量消費する中で、耐性菌の出現があり、ウイルスや病原菌の変異があり、大きな問題となって禁止されてきた経緯が思い起こされます。ともかく合成化学物質は極力減らすことでしょう。

シベリアに暮らす鴨にとっては韓国もベトナムも日本も生活の場ですから、当然行き来しています。鴨が持っているウイルスは必ず他の野鳥に感染していると見なければなりません。人間に発見されているかどうかは別にして、自然界には人の知らない病原菌を含めて、さまざまな病原菌が存在すると考えるのが普通です。どこにだって病原菌はあるのですから、アイガモや放し飼いの鶏に感染するのは必然です。昔からそうだったのです。それで異常な蔓延が起きなかったのは、自然のバランスの中で行われる範囲では、何羽かが死んで、免疫を得て生き残ったものが次世代の親になり、永続性のある畜産が行われていたのです。

可能とは思えませんが、飼育している鶏を全て隔離しワクチンで感染を防いだとしても、鴨から野鳥への感染を防ぐことはできません。そこでの強毒化したインフルエンザはどうなるのでしょう。公園の鳩からの感染はどうしたらいいのでしょう。かつてそうしたことが問題にならなかったのは、自然界ではバランスが取れてきたことであって、大規模養鶏が登場して問題化したということは、大規模養鶏のやり方に問題があると考えるべきでしょう。

鶏を野鳥から遮断しようというのが今の防疫の発想です。ウインドレス鶏舎で、できるだけ無菌状態の閉鎖した飼育をしていこうという流れです。実はこれは大企業が以前から作り出そうとしている流れなのです。「日本に養鶏業は飼料会社直系の10軒でいい」と豪語していた人を知っています。読売新聞などは、すでにこうした寡占化のお先棒を担ぐ記事を載せました。見識のない恥ずかしい新聞です。よく考えて見て下さい。鶏がウインドレスで薬漬けでしか生きられないとしたら、人間は大丈夫なのでしょうか。

このさき待っているものは、人間がウインドレス室の中でしか生きられない世界です。いま畜産で起きていることは、必ず人間に起きてくることの前触れです。SFの世界ではありません。いま起きていることは人類の史上初めての事態です。人間が自然の中で生きられなくなっている。環境を遮断して病原菌の居ない無菌に近い状態でしか安全では居られない。新しい時代の登場です。

こうした状況のなか、家畜保健所は、「消毒を徹底しなさい。放し飼いはいけません。野鳥が入らないように」と指導して歩いています。消毒薬の大量輸入が報道されています。国内の会社も増産中でしょう。何という浅はかなことでしょう。鴨や烏やスズメも病気発生の30キロ以内を絶滅しようということでしょうか。いま泡を食ってやっている目先の対応は、この場は凌ぐかもしれませんが、必ずもっと深刻な状況がこのさき来ることは目に見えています。自然界を消毒して病原菌のいない世界にしようなどという発想は、天につばを吐くことでしょう。『沈黙の春』の世界が現実になってきています【3】

病原菌は存在しているのが当たり前です。人間が生きるということは、病原菌とどう折り合いをつけていくかです。私のところの鶏はニューカッスルの抗体を持っていました。一切のワクチンをしていませんから、私のところで孵化した鶏は野外毒から感染したはずです。しかし発病した徴候はありません。ニューカッスルになれば大半が死滅すると獣医学では考えています。抗体を持つことは免疫システムであり、発病とは違います。ワクチンをしていないのに野外毒によって接種したと同様の免疫力を得ているということです。今度の鳥インフルエンザも同様です。感染はしても発病はしない自信があります。そして免疫を獲得する。私はそれだけ強健な鶏種「笹鶏」を作出目標にしてきました。

また、その自然免疫を獲得する飼育法を模索してきました。自然界には免疫を獲得する仕組みがあります。自然養鶏ではそれを応用した飼育法をとる必要があります。野外毒を遮断するのでなく、孵化直後から、いわば微生物に満ちた堆肥状の床の上で育雛します。適正なレベルで、親の免疫がある間に、その場所にいる菌に触れさせてゆきます。そして、発酵飼料・緑餌・生餌・薬草・ミネラルなどを使いながら、健全ではあるが甘やかさない、ぎりぎりの飼育をしてゆきます。弱い雛はここで淘汰されます。その結果、自然免疫を獲得する能力の高い鶏が作られることになります。それには少羽数で目の届く管理をする必要があります。私の経験では春先に自家採種した卵を孵化するのがいいと思います。いわば江戸時代におこなわれていたような、村落ごとに地鶏がいる小規模で自然に適合した方法でしか家畜を永続的に飼育することは不可能でしょう。

さらにひとつの岐路があります。消費者に迎合して、食べ物が柔らかく甘く濃厚になってゆきます。消費者は、私から見ると食べ物とは言いたくないような60日雛の鶏肉を柔らかくておいしいなどと言います。1年の笹鶏を硬くて鶏肉として使えないと言います。お世辞ではおいしいと言ってくれますが、二度買いに来ない人が大半です。本当の食べ物は健康的な食べ物のはずです。効率だけを重視して、2ヶ月で食べてしまう鶏は、2ヶ月だけ生きていればいいのです。強健さは無視されています。

私の作出した笹鶏は産卵率で考えると60%行けばいいという能力です。世間の産卵鶏は90%を越えるわけです。産卵率だけ高ければ、病気に弱いことなど薬で対応すればいいとされています。本来、農村でその地域に適合していた強健な鶏種は今やどこにもいないのです。だから一個10円の卵が出現して、「卵は物価の優等生」などと馬鹿げたことが起こるのです。

こうした消費傾向を背景とした畜産の世界で、効率と採算性だけに翻弄されて作り上げられたのがウインドレスの畜産です。そうした尋常でない環境でのみ有効な異常な飼育法および鶏種が、アジアの農村にも一気に広がったのです。ここでのやり方は山口での方法と大きくは違いません。いまアジアで起きている鳥インフルエンザの猛威は、まさにケージ飼い養鶏の不健康さから直接的に起きています。山口の養鶏場も同様です。ヨーロッパでは、こうした劣悪な環境での鶏のケージ飼育を禁止している国もあります。

狭い檻(おり)で身動きもできず、機械のように卵だけを産みつづける悲惨な状態では、鶏に病気を克服する力はありません。こうした鶏と自然養鶏の鶏と同列に議論して、野鳥と触れるから危険だと斬り捨てるのは暴論です。鶏種は大企業にすでに独占されています。どこに行ってもアメリカかヨーロッパの鶏種です。種鶏会社はより大きな消費者に合わせた、効率は良いが飼いにくい、ひ弱な鶏種を作り出しています。異常な病気が出現する背景は進んでいたのです。

私が5年前に提言したとき、世間は対応してくれなかったのが残念でなりません。こうした状況に及んでは、戦いは極めて不利に追い込まれていると言えます。妥協的な対応しかできなかった。そのつけが自然養鶏にも及んできています。鳥インフルエンザが人間に感染する。この点が非常に恐れられるため、もう5年前の主張では通用しないでしょう。鶏ならばある程度、自然淘汰されバランスがとれるという考えが通用しますが、人間の問題になってしまったいま、養鶏のあり方や私たちがどのように自然と折り合いをつけるかについて、まともに議論できない環境になっているのです。

対応策です。

○地域に適合した強健性のある鶏種の作出を行うこと

○畜産はできる限り小規模で自然から離れない方法で行うこと

○合成化学物質の増大を防ぎ、飼料への混入を禁止すること

○以上の対策を地球規模で実現できるよう日本がその模範になること

文化として、「人間の暮らしにおいて食の安全とは何か」という根本から考えれば、精神文化まで含めて、食糧の生産が暮らしのレベルから見えなくなるということは、大変危険なことだという認識が必要です。そして、人間も最後に病院で薬漬けになって生き永らえるのではなく、健康な体と精神力を持って病原菌に負けない免疫力を付けることが必要です。そして病気になったら死ぬのが自然であると言うことを受け入れて、病原菌に向かい合う必要があるところだと思います。

 



笹村 出(ささむら いずる)

地場・旬・自給のNPO法人「あしがら農の会」代表

1949年 山梨県境川村藤垈に生まれる
1955年 日本鶏を飼い始める

1986年 山北で自給生活を始める

1990年 自然養鶏場「あいらんど」設立

自分で作出した鶏種「笹鶏」を自家繁殖し、350羽を飼育しています。できる限り自然の姿から学び、自然に即した養鶏法をおこなっています。

住所 小田原市久野3545(火曜日の午後が見学日)
連絡はメールでお願いします。

mailto: sasamura.ailand@nifty.com

ショッピングガイド

■ご注文方法

ホームページでのご注文は24時間受け付けております。またホームページはパソコン・スマートホン・携帯、いずれにも対応しております。

お電話・FAXでのご注文も承ります。 

TEL&FAX:0748-55-0142

FAXでのご注文 の際は、以下のいずれかのファイルをダウンロードしてご利用ください。

エクセルファイル
こちらはエクセルファイルです。ダウンロード後、PCで記入してから印刷送信して頂けます。

PDFファイル
こちらはPDFファイルです。印刷後、手書きで記入して送信して頂きます。

※ご注文やご質問等のメール対応は、土日祝日を除く平日のみです。

詳細はこちら

■お届けについて

クロネコヤマト運輸・佐川急便及び、日本郵便にて発送致します。

配送業者の指定はできません

お届け希望日・時間帯指定も可能です。

下記の指定はヤマト運輸のものです。

※平成29年6月19日より、お昼時の12~14時、夜間の20~21時がが廃止されました。

お届け時間帯指定

送料について

15kgまでの北海道・沖縄を除き、全国一律 で重量に応じ下記の料金となります。

5kgまで  750円(北海道・沖縄:1740円)

10kgまで 850円(北海道・沖縄:1960円)

15kgまで 950円(北海道・沖縄:2160円)

20kgまで 1050円(北海道・沖縄:2380円)

25kgまで 1150円(北海道・沖縄:2580円)

30kgまで 1250円(北海道・沖縄:1740円)

詳細はこちら

 

■お支払い方法と手数料

銀行振込前払い

振込手数料:お客様負担

郵便振替前払い

振替手数料:お客様負担

代金引換商品到着時にお支払い

代引手数料:お客様負担

 百姓アグリではクレジットカード決済はクロネコヤマトのWebコレクトを利用しています。

クレジットカード決済

手数料:お客様負担

詳細はこちら

■返品および交換について

運送中の破損や当方側の明らかな過失以外での返品は原則としてお受け致しかねますので、ご了承下さい。

お客さまの都合での返品及び交換にはついては、

商品の特性上、未開封の状態の玄米のみ受付いたします。

詳細はこちら

■連絡及び問合せ先

ご連絡及びお問合せは出来る限り、こちらのメールフォームからお願い致します。

お急ぎの場合、お電話・FAXでもお受けいたします。

 TEL&FAX:0748-55-0142 

アグリなかい 中井 勤