無農薬米専門栽培・アグリなかいのブログ

2013年9月25日(水)

慈善事業家ビル・ゲイツのどす黒い腹の中・・・ユングドールの記事より

 ビル・ゲイツは、最新の計画で、遺伝子組み換え作物の栽培を拡大することにより、世界の飢餓をなくそうとしている。すでにゲイツはモンサント社に2700万ドルを投資している。そのため、以下のような高いリスクがあるとして、ゲイツの慈善事業を拒絶する国が現れている。

・新たな病原媒介生物。

・農薬耐性の昆虫への変異。

・耐性のある「スーパー雑草」

・周囲の非遺伝子組み替え作物の汚染

米国政府がいかにモンサントと強く絆を深めているかは、周知の通りだ。政府機関への浸透があればこそ、何の規制もなく、遺伝子組み換えアルファルファが承認された。オーガニック系の団体からの抗議や、この問題を懸念する25万もの人々からパブリック・コメントがあったにもかかわらずである。モンサントの事業を支持し、その製品を誤解させるようなプロパガンダを広めている最も富裕で影響力ある「慈善事業家」の一人がビル・ゲイツである。ゲイツが最も有害な「慈善家ぶった人物」の一人として、この一群を率いているのではないかという疑念が、残念ながら、近年ではますます明確になっている。世界銀行と国連が資金を拠出した900人の科学者チームは、この問題を3年かけて調査したが、遺伝子組み替え作物の利用は複雑な世界の飢餓の状況に対して意味のある解決策には「ならない」と断定している。

それよりも、科学者たちは、世界の食料安定を確保する最も現実的な手段は、「アグロエコロジカル(農業生態的)な方法」になるだろうと提案している。例えば、伝統的な品種や、すでにその土地の生態系に適応している伝統的な品種や農業慣行を利用することである。

ギャツビーもビル&メリンダ・ゲイツ財団も、懸命になって農業(特にアフリカ)にくい込もうとしている。だが、田舎の貧困に、トップダウンの特効薬は、良い結末をもたらさない。特許の種子を寄付することは、農家の自立を奪うものであり、第三世界の貧困を救う方法でない。モンサントなどバイオ企業は、AGRA(アフリカ緑の革命同盟)を通じ、ゲイツ財団と協力して、アフリカにおける遺伝子組み換え作物の利用促進を図ってきた。ゲイツ財団は何億ドルもAGRAに寄付しており、2006年にはロバート・ホーシュ(Robert Horsch)がAGRAのプロジェクトのために雇われた。ホーシュはモンサントの役員を25年間務めている。つまり、AGRAのプロジェクトは、利他主義と「持続可能性」という旗印で宣伝されているが、実際にはそんなものではない。アフリカを遺伝子組み換え作物にフレンドリーな大陸に変えるための巨額事業にすぎないのである。

ショッピングガイド

■ご注文方法

ホームページでのご注文は24時間受け付けております。またホームページはパソコン・スマートホン・携帯、いずれにも対応しております。
お電話・FAXでのご注文も承ります。 

TEL&FAX:0748-55-0142

FAXでのご注文 の際は、このPDFファイルを印刷してご記入の上送信してください。

※ご注文やご質問等のメール対応は、土日祝日を除く平日のみです。

詳細はこちら

■お届けについて

クロネコヤマト運輸又は佐川急便にて発送致します。
お届け希望日・時間帯指定も可能です。

お届け時間帯指定

送料について

15kgまでの北海道・沖縄を除き、全国一律 で重量に応じ下記の料金となります。
北海道・沖縄のお客様はご注文に際しては、16kg以上にまとめて頂きたく存じます。

5kgまで  530円(北海道・沖縄:1600円)

10kgまで 630円(北海道・沖縄:1800円)

15kgまで 740円(北海道・沖縄:2000円)

20kgまで 840円

30kgまで 950円

詳細はこちら

 

■お支払い方法と手数料

銀行振込前払い
振込手数料:お客様負担

郵便振替前払い
振替手数料:お客様負担

代金引換商品到着時にお支払い
代引手数料:お客様負担

 百姓アグリではクレジットカード決済はクロネコヤマトのWebコレクトを利用しています。

クレジットカード決済
手数料:お客様負担

詳細はこちら

■返品および交換について

運送中の破損や当方側の明らかな過失以外での返品は原則としてお受け致しかねますので、ご了承下さい。

お客さまの都合での返品及び交換にはついては、
商品の特性上、未開封の状態の玄米のみ受付いたします。

詳細はこちら

■連絡及び問合せ先

ご連絡及びお問合せは出来る限り、こちらのメールフォームからお願い致します。
お急ぎの場合、お電話・FAXでもお受けいたします。

 TEL&FAX:0748-55-0142 
アグリなかい 中井 勤