無農薬米専門栽培・アグリなかいのブログ

2013年9月12日(木)

無農薬野菜の方が危険だ、というバカ。

FB友達の内科医・内海さんの投稿を転載。

-------------------------------

最近無農薬野菜の方が危険だ、という話がささやかれているらしいが、やはり人類は末期であるということを悟らざるを得ない状況である。基本としては植物の生物毒がアレルギー症状を引き起こす、そして無農薬野菜はアレルギー物質(生体毒)が多く含まれることになりかえって危険である、ということらしい。基本は近畿大学の研究グループの試験結果らしいが、これをアホと呼ばずに何をアホと呼ぶのだろう。

確かにこれらの農作物は生物毒がほかのものより多いであろう。それは間違っていない。昔からそばなどのアレルギーがあるのも小麦アレルギーがあるのも、これが原因の一つであり取り立てて騒ぐほどのことではない。問題はそのような生体毒をさらに強力極まりない毒で消しておいて、その食物を安全だと思ってしまうグーミンたちの洗脳の深さにこそある。

さらにいうと、人類はそのような生物毒を緩和しながら食べる方法をいくつもあみだし、その生物毒を人体に取り込んでも対応できるように体を作り変えてきた。その生物毒をとって体が過剰反応する確率と、農薬やその他の物質をとって体が過剰反応する確率など、もはや比べるまでもないことである。こんなもので科学研究を参考にするとろくなことがない。なぜならその科学がすでに間違っているからだ。

そもそも生物毒を植物が作り出すのはそれが生きている証拠である。生物毒が減るのは農薬によって死にかけにされている証拠である。生命の普遍的な原理であれば生きているものを食べて命をもらい、死すれば土にかえって命を差し出すより循環の道はない。もはや人々は病気のみならず食べるということの基本的な概念を喪失しているといっていい。

自然農をしっかりやれば簡単に虫食いもおこらないが、虫も食わんような作物を食べたいキングーミンは別に食べればいいと思う。私だってスーパーでそのような野菜を買うことはある。しかしそれを食べて健康でいられるだなんて、こんな滑稽な話はほかにない。奴隷はやはり奴隷であることを好み、彼らに洗脳され貢ぐことしか頭にないらしい。地球の癌細胞であるニンゲンは、やはり癌やその他の病気で滅びるのがふさわしい種族なのだろう。 

====以下、コメント。

 

 同感です。

昨日 10:05 · いいね! · 3


 我々は生命をいただいている、そうおっしゃった先生の言葉が印象的です。

昨日 10:07 · いいね! · 10


 農薬を売りたい人が意図した実験ですね。

この近大のグループに農薬の会社からいくらくらいの資金提供が行われたか調べてみたいものですね。

昨日 10:08 · いいね! · 30


 私は以前友達に無農薬、有機野菜を勧めたときに、(無肥料ではないんですけど^^;)

「有機栽培の野菜は、寄生虫が移るって聞いたよ~。

だって有機肥料って元は動物のウンコでしょ!」

って言われ・・・

全く話にならない彼女達にエネルギー吸い取られる思いがしました・・・

昨日 10:15 · いいね! · 35


 アクが強ければアク抜きすればいいし、大豆みたいに、形を変えた方が良いものは豆腐や納豆や味噌にすれば良い。それが先人の知恵ですよね!先端科学より、先ずそうゆうのを知ってから研究して欲しいですね♪

昨日 10:28 (携帯より) · いいね! · 19


 大学とかは無くなって、勉強したい人は自ら探して勉強した方が良い気がしますね。

昨日 10:53 (携帯より) · いいね! · 11


 近大農学部廃止だな。

昨日 10:55 · いいね! · 12


 農薬学の教授あたりがミドリ十字出身だったりして。

昨日 10:56 · いいね! · 10


 農薬使うと野菜から甘味がなくなります。

我が家は農薬買うお金すらもったい&散布が面倒なので、相性の良い野菜を一緒に育ててますよ。

隣畑の作物が、農薬で真っ白になってるのを見るとゾッとします。

昨日 11:24 (携帯より) · いいね! · 22


 生物毒っていうのはいわゆる“アク”のこと。

日本の伝統的な調理法には、色んなあく抜きの方法があるから、漬物にしたり、煮たり乾燥させたりと、その野菜に合った方法であく抜きすれば問題なし。

昨日 11:33 · いいね! · 43


 近大の水産学部は『近鯛』なんて作っていけてると思っていたのに、農学部はダメですね。

昨日 20:06 (携帯より) · 編集済み · いいね! · 4


 大豆は発酵させて、玄米は発芽させたら良いのでは?

昨日 20:07 (携帯より) · いいね!


 日本の大学ではあり得ない、「博士号や修士号を持つ人」が絶対に入学させてもらえない「本物の大学」がインドにあります。

科学に頼らない先人の知恵を学ぶ「裸足の大学」すばらしいです。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/bunker_roy.html

 

ショッピングガイド

■ご注文方法

ホームページでのご注文は24時間受け付けております。またホームページはパソコン・スマートホン・携帯、いずれにも対応しております。
お電話・FAXでのご注文も承ります。 

TEL&FAX:0748-55-0142

FAXでのご注文 の際は、このPDFファイルを印刷してご記入の上送信してください。

※ご注文やご質問等のメール対応は、土日祝日を除く平日のみです。

詳細はこちら

■お届けについて

クロネコヤマト運輸又は佐川急便にて発送致します。
お届け希望日・時間帯指定も可能です。

お届け時間帯指定

送料について

15kgまでの北海道・沖縄を除き、全国一律 で重量に応じ下記の料金となります。
北海道・沖縄のお客様はご注文に際しては、16kg以上にまとめて頂きたく存じます。

5kgまで  530円(北海道・沖縄:1600円)

10kgまで 630円(北海道・沖縄:1800円)

15kgまで 740円(北海道・沖縄:2000円)

20kgまで 840円

30kgまで 950円

詳細はこちら

 

■お支払い方法と手数料

銀行振込前払い
振込手数料:お客様負担

郵便振替前払い
振替手数料:お客様負担

代金引換商品到着時にお支払い
代引手数料:お客様負担

 百姓アグリではクレジットカード決済はクロネコヤマトのWebコレクトを利用しています。

クレジットカード決済
手数料:お客様負担

詳細はこちら

■返品および交換について

運送中の破損や当方側の明らかな過失以外での返品は原則としてお受け致しかねますので、ご了承下さい。

お客さまの都合での返品及び交換にはついては、
商品の特性上、未開封の状態の玄米のみ受付いたします。

詳細はこちら

■連絡及び問合せ先

ご連絡及びお問合せは出来る限り、こちらのメールフォームからお願い致します。
お急ぎの場合、お電話・FAXでもお受けいたします。

 TEL&FAX:0748-55-0142 
アグリなかい 中井 勤